音楽の再生/停止はこちら

真は、古い家紋を頼りに、神矢時子(かみやときこ)を訪ねた。

〜世間にはあまり知られていない闇探偵、トキガミ。

​時をさかのぼって事件を解決する捜査スタイル、人呼んで『トキガミ』という。〜​

今回の依頼人は、名波 真。

真は、謎の男に追われていたが、

古い家紋を頼りに、命からがらトキガミの元を訪れることができた。

​二人の初めての出会いだった。

母子家庭で育った真は、小さい頃から母(朋子)が義理の母であるという疑惑を持っていた。

思春期を迎える頃、真は朋子に問い正したが、答えはいつも同じ。

​いつしか真は、朋子を信用できなくなっていった。

1週間前...

それは、普段と同じ朝だった。真は、些細なことで朋子と口論の末、いつものように学校に出かけた。

 

 

その夜、変死体となって、朋子は帰らぬ人となった...

真が家に帰ると、眠るように死んでいる朋子を見つけた...

 

​検視の結果、いくら調べても死因は判明しなかった。

不可解に感じながらも葬儀を終え、家に帰った真に、一通の手紙が届く。

それは、子どもの文字で書かれた一枚のメモだった。

​真は、メモの指示通り、家に昔からあった置き時計を調べた。

するとそこには、古い封書が隠されていた。

封書の中から、実の母と名乗る人物からのメッセージが見つかった。

​封書からは、【古い紋章】【暗号の書】【秘密のファイル】が見つかり、

メッセージがこう記されていた...

「真へ 私はあなたの本当の母親・陽子です。あなたが幼い時、あなたと別れなければならない悲しい事情がありました。全てを打ち明ける時が来たのですね。この手紙を読んでいるということは、あなたに危険が迫っているということ。あなたは真実を知る必要があります。どうか一刻も早く、ここに記した暗号を解いて、全ての真実を手に入れてください。

 

私たちの家系が代々受け継ぐ『六光石』。私はその力の秘密を、封印しようとしました。しかし何らかの悪の手によって、その力が奪われようとしています。『六光石』は光と闇の力を持つ石。使うものによって、良くも悪くもなるのです。『六光石』が悪の手に落ちれば、世界のバランスが崩されてしまうでしょう。

 

一刻も早く、この家紋を訪ねて、封印の謎を解き、『六光石』を見つけてください。」

 【古い紋章】 

 ​【暗号の書】 

 【秘密のファイル】 

真は、この封書を発見した直後、謎の男に追われることになる。

身をひそめながら、真は何とかトキガミにたどり着いたのだった...

神矢時子は真の説明が終わると【暗号の書】を開いた。

しかし、そこに記されていた暗号はインクがにじんで判読できなかった。

 

 「私に任せなさい。」

 

そう言って、神矢時子は大きく息をつき、こめかみに手を当てた...

トキガミの力を使って時を操り、

謎を解くにはボタンをボタンを押してください。

​押す

​全てのを解き終えた時、

あなたはすることになる...

©️ 2017 MT.ROKKO PRESENTS / FLAP ZERO All Rights Reserved